日栄商事株式会社は、すべての建物を総桧で建築します

総桧建築

厳選した土佐産材

桧林

使用する桧(ヒノキ)は、厳選した土佐産材にこだわり、山から製材所まで当社スタッフが現地調査しています。〈出荷証明、産地証明添付〉

桧は木材のチャンピオン

桧林

古くは法隆寺の建立にも使用され1300年の時間を経過しても建物が現存しています。なお、伊勢神宮も桧で造られています。伐採後200年は強度が上がっていき、アルファピネン、ボルネオールなどの成分でアロマ効果や抗菌作用もあります。

本当の生産地、生産者が見える桧材

当社が手掛ける桧は、高知県香美市秋葉山系の原木を人の手によって伐採し、タワーヤーダーにて、おおとよ製材に運ばれます。

土佐材(土佐ヒノキ)とは

TOSAZAI

森林率日本一 森の国・高知の県産材

高知県は海や川のイメージが強い県ですが、県土の84%を林野が占める全国屈指の森林県です。この豊富な森林が清流四万十川や仁淀川の清らかな流れを育み、豊かな自然とその恵みを生み出しています。

高知県の森林率と土佐ヒノキの国内シェア
土佐材の主な産地5カ所

秀吉に「日本一」と言わせた銘木

土佐ヒノキ

土佐ヒノキ写真

古くから高知はヒノキの産地として有名です。「土佐ヒノキ」、「幡多ヒノキ」、「四万十ヒノキ」などと呼ばれていいます。材の芯のあざやかな赤みと強い香りが特徴で、油脂分を多く含んでいるため、年月を経るごとに光沢が増し、耐久性も高いのが特徴です。こういった高知県産ヒノキの特徴が評価され、京都の西本願寺の修復や新国立劇場の舞台の床材にも使われています。

大阪城に使用された土佐材!

御用木札

土佐材は、大阪城築城の時に太閤秀吉から「日本一」というお墨付きをもらったことで、全国に知られる銘木となりました。江戸時代の初期には大阪城や伏見城などの修築をはじめ、大きな戦乱に巻き込まれた大阪のまちの復興にも多くの土佐材が使われるなど、昔から全国で広く利用されてきました。吉野川上流白髪山のひのき、高知県東部の魚梁瀬杉をはじめ、土佐の山々から藩の御用木として幕府に献上されました。また、大阪に日本で最初の木材市場を開き、土佐藩の財政救済に貢献してきた歴史があります。今も大阪に残る「土佐掘」「白髪橋」といった地名はその名残りといわれています。

原木確認作業

今回は当社大工の方々も交えて高知県へ視察に行ってきました。(2016年4月)

  • 4月26日 最高品質の桧を求めてNH583便にて高知に出発です。

    4月26日 最高品質の桧を求めてNH583便にて高知に出発です。

  • 高知に到着、高知県庁 竹崎様、中城様と。

    高知に到着、高知県庁 竹崎様、中城様と。

  • 高知おおとよ製材事務所前にて。

    高知おおとよ製材事務所前にて。

  • まず、おおとよ製材 岡田工事長より直近の製品データ、桧の硬度、ヤング係数、生産状況、外国産材と差異等の説明、質疑応答、当社大工からの利用状況などを話し合いました。

    まず、おおとよ製材 岡田工事長より直近の製品データ、桧の硬度、ヤング係数、生産状況、外国産材と差異等の説明、質疑応答、当社大工からの利用状況などを話し合いました。

  • 高知県庁 中城様より高知県産材の生産量全国第2位 桧の特性県の取り組みなどのレクチャーを受けます。

    高知県庁 中城様より高知県産材の生産量全国第2位 桧の特性県の取り組みなどのレクチャーを受けます。

  • 早速、生産ラインのチェック確認にむかいます。

    早速、生産ラインのチェック確認にむかいます。

  • 大量の羽柄材、桧、杉など乾燥後の養生期間に入ります。

    大量の羽柄材、桧、杉など乾燥後の養生期間に入ります。

  • 原木確認。樹脂の乗った、杉、桧。

    原木確認。樹脂の乗った、杉、桧。

  • 日栄ホーム 沼本と三浦

    日栄ホーム 沼本と三浦

  • 皆、原木のチェックに夢中です。

    皆、原木のチェックに夢中です。

  • こちらがこだわりぬいた最新の木材乾燥機器です。乾燥士による厳密な管理の基、内部からの割れ、強度、含水率を確認しつつ、時間をかけて乾燥してゆきます。

    こちらがこだわりぬいた最新の木材乾燥機器です。乾燥士による厳密な管理の基、内部からの割れ、強度、含水率を確認しつつ、時間をかけて乾燥してゆきます。

  • こちらが平物などの大型乾燥庫です。内部割れを無くす為、木材乾燥士が経験と知識でこだわりの乾燥工程をふんでゆきます。

    こちらが平物などの大型乾燥庫です。内部割れを無くす為、木材乾燥士が経験と知識でこだわりの乾燥工程をふんでゆきます。

  • 柱は一本一本人の手で目視と、コンピュータにより曲がり・強度・色・含水率をすべてチェックしたものが出荷されます。

    柱は一本一本人の手で目視と、コンピュータにより曲がり・強度・色・含水率をすべてチェックしたものが出荷されます。

  • 原木の皮剥き作業

    原木の皮剥き作業

  • この大きな装置で羽柄材を生産しています。

    この大きな装置で羽柄材を生産しています。

  • 丸太を選定してゆく大きなコンベアー

    丸太を選定してゆく大きなコンベアー

  • 当社に納品される桧の前で

    当社に納品される桧の前で

  • 懇親会

    本音をぶつけあっての、懇親会は熱いです。今回の高知への視察はもう何度にもなるのですが、素晴らしい結果を頂きました。当社に利用する桧すべてヤング係数E-110になったのです。伝わりにくいかもしれませんが、本当にすごいことです。E-90でも立派なデータなのに感動です。

  • 懇親会

    岡田工場長、県庁 竹崎様、中城様、二宮様、高知木材センター副理事長 宮本様、西村様、笹岡様 そして高橋さん ありがとうございました。


弊社営業スタッフも高知県で高知の桧の良さを実感してきました(2015年10月)

今回も高知県庁・木材産業課の方々に同行してもらい
「高知おおとよ製材株式会社」「レイホク木材工業協同組合」を視察させて頂きました。
会社内においても桧の品質、製材、乾燥工程のレクチャーを受けており
【土佐材】の良さは認知していましたが、「百聞は一見に如かず」!

森林率全国第一位の山々の原木からの樹の見極め、製材データによる無駄のない製材過程、徹底した温度管理のもと材料による中温、高温乾燥の使い分け乾燥工程(ボイラーの燃料に製材所の木屑を利用。エコです。)、含水率検査(水分量20%以下)、目視検査による節、反り、割れの有無(作業員2名のWチェック)、強度測定(ヤング係数E110以上)の検査をくぐり抜けた高い品質管理のもと、“KOCHI OTOYO”と印字された【土佐材】が日栄商事の柱となります。

  • 平成27年10月弊社営業全員が「桧」を背負い、高知県に視察に行きました。

    平成27年10月弊社営業全員が「桧」を背負い、高知県に視察に行きました。

  • まずはヘルメット着用よし!いよいよ、おおとよ製材(株)の工場視察に入ります。

    まずはヘルメット着用よし!いよいよ、おおとよ製材(株)の工場視察に入ります。

  • 原木は樹種・経級・品質・仕上別に保管されています。

    原木は樹種・経級・品質・仕上別に保管されています。

  • 原木は仕分けられたあと、外気に1週間から2週間馴染ませてから加工工程へと入ります。

    原木は仕分けられたあと、外気に1週間から2週間馴染ませてから加工工程へと入ります。

  • 乾燥機のスペシャリストの嵯峨山さんより、中温・高温乾燥機の説明を受けました。樹種別ごとに分けられ乾燥を行います。

    乾燥機のスペシャリストの嵯峨山さんより、中温・高温乾燥機の説明を受けました。樹種別ごとに分けられ乾燥を行います。

  • 加工を終えた木材はまず初めにこの中温乾燥機により3〜5日間、じっくりと乾燥を始めます。

    加工を終えた木材は、まず初めにこの中温乾燥機により3〜5日間、じっくりと乾燥を始めます。

  • 高温乾燥機は機内を無酸素状態にし、蒸気で3〜5日間しっかり乾燥させることで桧の良い状態を保ちます。

    高温乾燥機は機内を無酸素状態にし、蒸気で3〜5日間しっかり乾燥させることで桧の良い状態を保ちます。

  • この視察で学んだ桧の良さをこれから家づくりをするお客様へしっかりと伝えていきます。

    この視察で学んだ桧の良さをこれから家づくりをするお客様へしっかりと伝えていきます。

  • 桧は堅牢であるため、鹿島神宮、厳島神社などの重要文化財の修復工事にも使われています。

    桧は堅牢であるため、鹿島神宮、厳島神社などの重要文化財の修復工事にも使われています。

  • 加工された木材は、種類ごとに梱包されます。

    加工された木材は、種類ごとに梱包されます。

  • 機械・目視により選別された「Aランク」のものに日栄オリジナルロゴ「KOCHI OTOYO」が印字されました。3日後の出荷です。

    機械・目視により選別された「Aランク」のものに日栄オリジナルロゴ「KOCHI OTOYO」が印字されました。3日後の出荷です。

  • 全ての厳しい検査を受けた木材が、これから出荷されます。

    全ての厳しい検査を受けた木材が、これから出荷されます。

  • 工場見学後は、高知県庁竹崎チーフによる勉強会が行われました。

    工場見学後は、高知県庁竹崎チーフによる勉強会が行われました。

  • 桧について議論させていただき、各営業スタッフが更に桧についての知識を深めることができました。

    桧について議論させていただき、各営業スタッフが更に桧についての知識を深めることができました。

先日、弊社設計メンバーで、高知に向かい、実際に桧を見てきました。(2015年3月末追記)

  • 桧は切ってから200年の間強くなり続けます

    桧は切ってから200年の間強くなり続けます

  • 約3ヶ月分ストックされたまっすぐな原木たち

    約3ヶ月分ストックされたまっすぐな原木たち

  • 原木投入 これから加工スタートです

    原木投入 これから加工スタートです

  • 構造材は高温にて乾燥することで丈夫な柱となります

    構造材は高温にて乾燥することで丈夫な柱となります

  • やけど注意!

    やけど注意!

  • 4日間 じっくり乾燥させることにより 変色の割れ ねじれを予防します

    4日間じっくり乾燥させることにより 変色の割れ ねじれを予防します

  • 要となる 乾燥機

    要となる 乾燥機担当 嵯峨山さんと

  • 乾燥後の木材は機械目視により選別され さらに格付けされます

    乾燥後の木材は機械 目視により選別され さらに格付けされます

  • 高品質な構造材は重さも、肌ざわりも違います

    高品質な構造材は重さも 肌ざわりも違います

  • 「日栄オリジナルラベル」が貼られた「Aランク」の木材 建物の一部としてお客様を守り続けます

    「日栄オリジナルラベル」が貼られた「Aランク」の木材 建物の一部としてお客様を守り続けます

  • アドバイザー 田中さん 工場長 岡田さんと

    アドバイザー 田中さん 工場長 岡田さんと

当社で使用する桧の原木から、製材・乾燥・出荷まですべてをチェックするため、高知県四万十地区、県庁、製材所など高知県庁林業課に同行し、すべて現地調査を行っております。

乾燥工程、最新機材にて行う第三セクターの製材所、四万十川の源流に位置する製材所、原木の切り出し場、尾根筋に植林される桧、谷筋側の杉など、木の特性、また芯ぐされ、反りなどの欠陥木材の選別、JAS規格に対応するための含水量検査など、高知県と第三セクター管理の下、すべてチェックしております。

  • 切り出し場見学1

    羽田空港から高知県へ

  • 切り出し場見学2

    機内からの富士山
    上空から見る景色は一段と綺麗です

  • 切り出し場見学3

    羽田から、1時間半
    「森林王国」 高知に上陸です

  • 切り出し場見学4

    香美森林組合様 高知県庁様 と山へ

  • 切り出し場見学5

    最新の「タワーヤーダー」 安全性が高く、木材にやさしい機械です 300m下の斜面から、まるでロープエウェイのように材木を釣り上げてきます

  • 切り出し場見学6

    つかんだ途端、一瞬で3m材に切り分けます

  • 切り出し場見学7

     

  • 切り出し場見学8

    作業はとてもスペクタクル、漢の仕事場です

  • 切り出し場見学9

    どれが桧で杉かわかりますか?

  • 切り出し場見学10

    この急斜面を降ります
    ちょっと気を抜くと、転がり落ちる急斜面です

  • 切り出し場見学11

    森林組合 石川さんと

  • 切り出し場見学12

     

  • 切り出し場見学13

    毎日この斜面で仕事をしている組合の方々に頭が下がります

  • 切り出し場見学14

    香美市 秋葉山から

  • 現地見学写真1

    尾根に生える桧、谷スジの杉

  • 現地見学写真1

    第三セクターにて、高知県庁林業課、木材組合の方々と桧についての製材、乾燥工程を議論

  • 現地見学写真1

    乾燥後、出荷前のストック

  • 現地見学写真2

    最新の製材工程、管柱桧

  • 現地見学写真3

    これが最新の木材乾燥機器です

  • 現地見学写真4

  • 現地見学写真5

    6m〜8m長物桧

  • 現地見学写真6

    乾燥機・乾燥釜の中はこのようになっています

  • 現地見学写真7

     

  • 現地見学写真8

    原木貯木所

  • 現地見学写真9

    年輪、目地チェック

  • 現地見学写真10

     

  • 現地見学写真11

    真っ直ぐな桧、立派です

  • 現地見学写真12

    四万十川沿いを上り、原木・製材をする工程もチェックしております

  • 建築部材写真1

     

  • 建築部材写真2

     

  • 含水計
  • 建築中は、もちろん雨に降られる日もあります。
    完全乾燥状態で納入された桧は濡れても表面上にしか水分は浸透しません。
    しかし、当社では万全を期す為、営業及び現場監督には全員含水計を携帯させ、水分量が14%以上では施工しないよう、常にチェックしております。
  • 土台写真 土佐桧 E-110
  • 土台写真 土佐桧 E-110

この土台すべても土佐桧 E-110です。見えないところにもこだわった桧の土台をぜひ建築現場に見に来てください。

平成29年2月15日 高知県土佐桧材に関して再度、研修に行きました。

平成29年2月15日高知県香美市に再度、原木確認作業に行ってきました。
当社で使用している桧の柱を製造しているおおとよ製材を見学させて頂き、強度が強い材木を作る為に多くの工夫があり驚きの連続でした。
案内して頂いた岡田工場長、丸宇木材の高橋さんありがとうございます。
忙しい中、高知県木材産業振興課より、中城さん、二宮さんと、香美森林組合より三谷さんに同行して頂き、通常では工場見学者が行かない、伐採現場の見学もさせて頂きました。
山を切り開いただけの、舗装されていないデコボコの道を登っていくのですが、標識も、案内の目印も何も無い山の中を、全く迷うこと無く進んでいく香美森林組合の三谷さんのプロフェッショナルな山の男の姿に感銘を受けました。
瞬く間に、チェーンソーで木を切り倒し、重機を乗りこなし木材をカットしていく様子を見せてくれた森林組合の堀尾さん、かっこよかったです。
当社で使用している材木には、こんなにもいろんな方が関わっているのかと改めて実感し、これからも、材木一本、一本を大切にし、魂を込めて家作りに携わっていきたいと、より一層強く感じました。
ご協力頂いた高知県庁、香美森林組合、おおとよ製材、丸宇木材の方々、本当にありがとうございました。

  • 現地見学写真12

    高知県庁.中城様、二宮様と共に

  • 現地見学写真13

    高知おおとよ製材到着いざ見学へ

  • 現地見学写真14

    まずは原木ヤード想像以上の原木量で圧巻でした

  • 現地見学写真15

    檜の原木です、形や大きさは様々ですが真っ直ぐな桧ばかりです

  • 現地見学写真16

    桧と杉の原木を皆熱心に観察しております

  • 現地見学写真17

    杉と桧の香を嗅ぎ比べてみましたやはり桧の香りは良いものです

  • 現地見学写真18

    カビや割れがなく、保存状態がとても良い桧でした

  • 現地見学写真19

    植林の説明もして頂きました

  • 現地見学写真20

    工場長の岡田さんが高温乾燥機について熱く語ってくれています

  • 現地見学写真21

    加工棟にて自動判別、製材、加工、全て機械が行っています

  • 現地見学写真22

    当社で使用しているE-110以上の柱です

  • 現地見学写真23

    木々に囲まれた森閑とした世界
    まるで童話に出てくる様な雰囲気でした

  • 現地見学写真24

    舗装されてない急斜面を登っていく山深い場所でした
    先が見通せない程、木々が生い茂っています

  • 現地見学写真25

    急斜面を登って伐採場所にいきます
    登っただけで汗をかいてしまいました

  • 現地見学写真26

    チェーンソーでの伐採は迫力満点です

  • 現地見学写真27

    ユンボのアタッチメントが林業仕様になっています

  • 現地見学写真28

    材木を掴んで

  • 現地見学写真29

    先についている刃でカットしていきます

  • 現地見学写真30

    森林組合の堀尾さんご協力ありがとうございました

  • 現地見学写真31

    樹齢100年の檜は圧巻でした

  • 現地見学写真32

    同行して頂いた高知県庁の中城さん、二宮さんありがとうございました

  • 現地見学写真34

    屈強な山の男たち
    ご協力ありがとうございました

  • 現地見学写真35

    今回見学に行った伐採現場です
    もう一度地図を見ながら行こうとしてもたどり着けない、そんな山の中です

社員レポート

  • 報告書1
  • 報告書2
  • 報告書3
  • 報告書4
  • 報告書5
  • 報告書6

土佐材パートナー企業

土佐材パートナー企業登録証

日栄商事株式会社は高知県より
「土佐材パートナー企業」として登録を受けています。

土佐材パートナー企業ロゴ

ショウモクヒノキ

香美森林組合の概要
タワーヤードの概要

土佐産桧について

1. 桧について

桧は、日本古来より建築材・仏像・家具・曲げ物・桶など様々な用途に使われてきました。
建築材としての桧は、加工のしやすさや高い防腐・防蟻性、また伐採後から200年ほどかけて強度が強くなり続け、約1000年を経てようやく伐採時の強度に戻ってゆく特性などから、大変優秀な木材とされています。
桧建築の歴史としましては、1,300年前の法隆寺や伊勢神宮などにも使用され、大阪城築城の際には、豊臣秀吉より「日本一」のお墨付きをもらった銘木として全国に知られるようになりました。

桧の特徴

(1)木には中心部分の芯材と、皮に近い辺材がありますが、桧の場合、芯は淡いピンク、辺は淡い黄白色です。見た目は緻密で、清潔感があり、滑らかな肌触りをしています。

(2)桧はとても強くさわやかな香りを発します。嗅いだことがある方も多いのではとと思いますが、これは「フィトンチッド」といい、ストレス解消・疲労回復・消臭・防ダニなどの効果があります。防蟻性能が非常に高い桧ですが、このフィトンチッドの効果も一役を担っているといえます。

(3)建築材として重要な要素ですが、加工後の狂いが少ない優れた弾力性を持ち、1000年前の建造物が今も保たれていることからわかるように、大変耐久性のある材料です。

2. 地域材「土佐桧」について

桧の産地は木曽(長野)、吉野(奈良)、そして日光〜八溝(栃木・茨城)などいくつかありますが、産地によって桧の特性も少々異なります。
土佐桧の特徴としては、主に(1)高強度のものが取れる割合が全国的に高く、また、(2)樹液や樹脂分が多く含まれているという点が挙げられます。

土佐桧がこのような特徴をもつ理由として、高知県の気候と森林環境について触れたいと思います。

全国1位の森林率を誇る高知県は、日射量と雨量共に全国的に高く、樹木はこの太陽と雨の恵みを多く受けます。また、高知県は南国的な気候の場所ですが、樹木は山深くに群生するため冬は気温がぐっと下がり、年間の寒暖差が激しい場所です。この寒暖差が、木材の強度を左右する年輪の輪の部分を良い質に育てます。そして、強い風にさらされる地形が少ないため、樹木は樹脂や樹液を多く蓄えたまま成長することができます。
さらに、崖や傾斜の多い高知の山間いに密集するように育つため、樹木は厳しい生存競争にさらされます。栄養の奪い合いに勝ち残った木は強度も強く、これも良質な桧が多く取れる一因です。

強度はもちろんですが、一般的に木材の品質の良さを決める特徴には、樹脂を多く含むという点もあります。というのも、桧の特徴でふれた防水や防蟻、消臭などの木の成分の多くがこの樹脂分に含まれているからです。言い換えれば、樹脂分の多い木材は、木の優れた成分をふんだんに蓄えた木材といえます。
こうした高品質な土佐桧は、かつて秀吉に日本一と認められ、現在でも京都西本願寺、清水寺、厳島神社などの歴史的建造物の改修に使われ、高い評価を受けています。

そんな素晴らしい土佐桧の中でもさらに選りすぐりの桧を弊社に供給してくれる、「おおとよ製材」の生産・供給体制についてもご紹介したいと思います。

3. おおとよ製材(JAS認定製材所)について

高知県大豊町にある「おおとよ製材」は、林野庁・高知県・大豊町の支援を得て、林野庁「新生産システム推進対策事業」を引き継ぎ、平成24年に設立されました。
原木仕入から出荷までの流れを追いながら、各過程をご説明します。

原木仕入についてですが、まず樹種や品質、長さ等の単価と数量を決定し、安定数量を確保するための3か月協定を、供給側である高知県森林組合連合会の責任のもとに結んでいます。(通常、このような供給の協定は1か月くらいです。)
仕入れた原木は製材所に輸送され、樹種や品質、長さ別に保管します。次に仕入の際に事前に入力していたデータを基に製材したあと、構造材は高温乾燥機、板材は中温乾燥機にかけられます。その際4日間かけて徐々に自然環境に適用させ、急激な温度変化を避けることで割れやねじれを予防します。

次に最低1週間はかけて養生し、外気になじませて木材の中の含水率のばらつきを減少させます。ここで含水率とは木材の中の水分量の割合で、20%未満であることが合格の最低ラインです。ちなみに、ここで作られる桧正角の95.6%が含水率15%未満です。
その後さらに材料ごとに加工し、いよいよ選別、格付けに移ります。

選別・格付けでは、人の目で見分ける目視検査と、機械で水分量や曲げ強度を図る機械検査があります。
目視検査では主に節・シミ・丸み・曲がりがないかをチェックし、機械検査では1本ごとに含水率を図ったり、負荷をかけて曲げ強度を測定します。これらの測定結果はすべて1本1本データ化され、保存されます。
ここで、桧は強度が高いとご説明してきましたが、この強度を具体的な数字で表す基準として、曲げヤング係数という単位が使われます。
E50,70,90,110,130…とあらわされますが、数字が大きくなるにつれて曲げに強いです。
(1)含水率20%未満(SD-20と表記します)、(2)曲げヤング係数E50以上の、2つの基準をクリアした木材にはJAS規格に合格した製品としてJASマークが付けられます。
JASマークは質の良い桧であることの信頼ある証明であり、これによってお客様にもその安心・安全性が一目でわかるようになります。
ちなみに、おおとよ製材は高知県ではじめてJAS規格の機械検査区分を導入した製材所でもあります。

■日栄に送られる桧について

おおとよ製材の中でも独自の格付けがあり、その中でも含水率20%未満、曲げヤング係数E110以上、目視検査でも節が少なく、割れ丸みがない、特に優れた桧はAランクと格付けされています。
日栄に送られる桧は全てこのAランクになります。
(おおとよ製材の出荷用保管庫では、弊社に送られる木材にはオリジナルのNラベルが張られています)

4. まとめ

桧は建築材として優れた特徴をもち、その中でも土佐桧は高知県の恵まれた環境の中で育った最高品質の桧といえるでしょう。
さらに、徹底した供給・生産・品質管理を行うおおとよ製材の協力の下で、特に優れた桧が弊社に送られてきます。こうして自然と人の助けを借りて、お客様に優れた桧の家をご提供することができるのです。

最後に、日栄グループは高知県林業振興・環境部の取り組みである「土佐材パートナー企業制度」に参加しています。今後ますます土佐桧を利活用し、桧の家づくりを推進していく取組みに努めていきます。この取組の一員である弊社が使用しています桧の歴史と特徴について理解を深めていただければと思い、今回当社が使用する土佐桧についてレポートさせていただきました。

協力企業
よくある質問 Q&A
スーモお客様の声
お問い合わせ