日栄商事株式会社の瓦屋根には日本一の瓦、三州三河の瓦を使用しています

信頼の屋根材、粘土瓦

瓦屋根は、日本や東アジアをはじめ中近東からヨーロッパまで、世界各地で古くから利用されてきました。 瓦の色や形は地域によって違っても、屋根材としての瓦は世界各地に共通する建築文化として存在しています。

当社の屋根材は三州三河産「鶴弥」で生産された瓦を使用しています。 全国シェア約20%を誇る業界最大の瓦メーカーであり、天然素材を主原料とした環境への配慮もなされています。また、地震や台風など自然災害にも強く、耐久性能は100年以上と言われています。

瓦のシェアグラフ

業界のリーディングカンパニー「鶴弥」の瓦

開発力

鶴弥 打ち合わせ風景

製品の企画・設計・開発業務にあたっては、3次元CADを導入し、設計の段階での検証を行うことにより、設計品質の向上を実現しました。また、開発の段階に応じて「デザインレビュー」を開催し、デザイン、製品仕様、製品性能、ニーズ評価等の検討を行うことで、安心して使用できる製品を市場に送り出しています。

鶴弥 3D設計と製品検査

ユーザーの満足と安心 開発にはポリシーがある

耐風性能試験機

耐風性能試験機(愛知県 愛知県碧南市三河窯業試験場)

瓦単体の性能だけでなく、施工を含めた屋根材としての性能を重視した製品開発を行っています。
屋根施工図面の作成や性能評価など、社内で全て実施し、さらに、ハウスメーカーと共同で屋根の工法や部材等の開発も行っています。

開発にあたり、屋根材に必要な性能を検証するため様々な試験を行っています。

開発検査の様子

現地見学報告

当社とは数十年のお付き合いのある三州瓦日本一の鶴弥さんに瓦の製造工法、現在の状況と原材料のチェック、またレクチャーをして頂くために(専務 青木・工事部長 沼本)愛知県三河まで行ってきました。

  • 現地見学報告1

    壮観です これがすべて瓦です ここから全国へ運ばれてゆきます。

  • 現地見学報告2

    最新技術を導入した阿久比工場 「三井工場長」より説明を受けました

  • 現地見学報告3

    ここから天然原料である粘土が運び込まれます

  • 現地見学報告4

     

  • 現地見学報告5

    天然乾燥途中の瓦 若干かたくなっています

  • 現地見学報告6

    これが窯です 1000℃以上の高熱で瓦を焼きあげます

  • 現地見学報告7

    乾燥前の粘土状態の瓦 まだやわらかいです

  • 現地見学報告8

    「釉薬」を塗布している

  • 現地見学報告9

     

  • 現地見学報告10

    この様な複雑な瓦は人の手でワンオフされてゆきます
    非常に手がこんでます

  • 現地見学報告11

    不良品のチェックはすべて人の手で行います

  • 現地見学報告12

     

  • 現地見学報告13

    本社 工場ライン長 間瀬さんより 手作業で行う瓦の工法の説明を受けます
    最新の阿久比工場とはまた違った趣き、まさにマイスターの感があります

  • 現地見学報告14

     

  • 現地見学報告15

     

  • 現地見学報告16

     

  • 現地見学報告17

     

  • 現地見学報告18

     

  • 現地見学報告19

     

  • 現地見学報告20

     

  • 現地見学報告21

     

  • 現地見学報告22

     

  • 現地見学報告23

     

  • 現地見学報告24

    こちらでは釉薬を手作業で塗っています

  • 現地見学報告25

    これが鶴弥の伝統の窯だ!!日本一の窯と言っても過言ではないはず

  • 現地見学報告26

     

  • 現地見学報告27

    役物瓦

  • 現地見学報告28

受賞履歴

株式会社鶴弥の粘土瓦が
日経ホームビルダー「採用したい建材・設備メーカーランキング2015」
昨年に引き続き、粘土瓦(陶器瓦)部門にて1位に選ばれました。

受賞あいさつ文

株式会社鶴弥が
「100年経営の会」(主催:日刊工業新聞社)が主催する長寿企業顕彰にて
「優良100年企業表彰」に選ばれました。

長寿企業顕彰
よくある質問 Q&A
スーモお客様の声
お問い合わせ